クレジットカード一体型キャッシュカードの更新

今所有しているクレジットカードの中には、銀行のキャッシュカードも兼ねているものがあります。基本的にキャッシュカードとしてしか利用していなかったのですが、クレジット機能を使わないまま有効期限を過ぎてしまうとキャッシュカードの機能すら使えなくなってしまうということを初めて知りました。

 

昨日銀行からキャッシュカードの案内通知が届き、上記のことが書かれていたのです。クレジット機能を外したカードに変えたい場合は手続きを行わなくてはならず、有効期限が来るまでに一度でもクレジット機能を使えば自動的に更新手続きが行われるそうです。

 

クレジットカードの機能はなくても困らないのですが、いざという時の為に持っておきたいし手続きが面倒なのでショッピングで利用してみることにしました。丁度ネットショッピングで購入したい品物もあったので、その決済に利用して無事に手続き不要で新しいカードを発行してもらえることになりました。

ネットショッピングだけじゃないクレジットカード

クレジットカードの利用方法といえば、一番に浮かぶのはネットショッピングでの買い物だと思います。昨今はスーパーやファミレスなどの比較的安価な買い物でも利用するという方も増えてきているように思いますが、やはり一般的な方が最も利用するのはネットショッピングでしょう。

 

振込手数料や代引き手数料などがかからないので結果的には安く購入できますし、支払いをクレジットカード決済限定としているショップもあることから、ネットで買物をするならば必要不可欠なものとなっています。

 

しかしネットショップや日常の買い物以外にも利用できるシーンが有ります。それは携帯電話や公共料金の支払です。これはクレジットカードを利用するとポイントが付くというサービスを利用しようという目的です。特に公共料金は月々なかなかの金額になると思うのでたくさんのポイントが貯まることでしょう。値段が安くなるといったことではありませんが、普段支払っているものに付加価値が付くのですから利用しない手は無いのではないかと思います。

クレジットカードは大切なパートナー?

クレジットカードといえば私にとって学生時代に大変お世話になり、現在も困った時のありがたい存在です。学生時代は仕送りも少なくアルバイト代を生活の足しにしていました。ただ学生でもありますので恋人と出かけたり洋服を買ったりとささやかな楽しみがあります。その度にどのようにお金を捻出するかが大きな課題でした。

 

私の友人は普段同じような質素な生活をしているにも関わらず、たまに大金を懐に入れ合コンだの旅行だスロットだの遊びに明け暮れる生活をしていました。
ある理由があったのです。それは学生でも作れるクレジットカードというものがあり、月に一回三万程度借りれるんだということです。

 

しかもCDで誰にも内緒で借りれるので心配はいらないと。私もすぐにカードを作り買いものやキャッシングに走りました。ただ返せる当ては全くありません。そんなことも考えずに、遊びに明け暮れていた頃、クレジットカード会社からさいそくの電話が度々入りついには実家の親のところまで電話が。結果としては二度とキャッシングはしないと誓わされ親がほとんど建て替えてくれたのです。とはいえ一度知ってしまった魔法のカードは社会人になった今でも大活躍中であります。

 

何は無くても・・・

ある日職場の昼休みスマホを弄っていたら、突然画面が真っ暗になってどうしても電源が入りません。困ってしまいました。メールも見れず、ニュースも知れず、スポーツの結果をチェックすることも出来ません。もう気になって気になって仕事どころでなくなり、うまく職場を抜け出して携帯ショップに駆け込みました。スマホは生活から切り離せません。

 

同じように無くてはならないのがクレジットカードです。私のように給料を月末まで使い切ってしまい、ぴーぴーになってしまう者にとって、後払いでお金が使えるというのは掛け替えのないものなのです。この頃はスーパーやコンビニはもちろん、床屋、市立病院、食事処など至る所でカードが使えるので大変便利です。ポイントが貯まるのも嬉しいです。ポイントが貯まると全国の名品を漁り家族で食べます。

 

普段お金を出してわざわざ買わないような、少し高嶺の花の美味しいものを食べるのは最高の楽しみの一つです。ポイントを貯めるのに集中しています。お店での支払いの他に、新聞・電気代・ガス代・スマホ代・自動車税・スカパー・WOWOWの支払いなど払えるものは全てカード払いにしています。クレジットカードも生活に欠かせません。

クレジットの審査の厳しさ

クレジットカードを発行するうえで、審査に通ることが必要になってきます。審査を通るには勤務先や年収、家族構成などが必要になってきますが、その他にもカード会社は個人信用情報センターを利用して発行者の履歴を調べて、借金などの履歴などを見て厳しく判断されます。
>>意外と重要視されるクレジットヒストリー

 

もちろん、借金があると審査において不利な印象を与えてしまうことになります。発行者に返済や安定した金を得る能力があるのかを確かめているのです。そういう意味では、大企業や公務員に努めている人は非常に安定した収入や返済する力があるので、有利と考えることができます。

 

信用度の低い人がクレジットカードを作ろうとすると審査に通る可能性の高いカードは限られてきます。
>>ブラックでも作れるクレジットカード

 

しかし、このご時世の日本は景気が安定せず、格差が広がりや若者の貧困が増えていく中で正社員であるということは困難になりつつあります。これからの時代において、銀行やカード会社はどのように審査していくのか。また、基準をどう下げるのか。また、改正していくのか非常に今後の重要な課題であると感じています。